地域活動

活動報告

治療を受けておられる多くの患者さんのために、大きな励みとなる善意のご慰問をいただいております。

2017年7月28日(金曜日)、当院小児医療センターをプロサッカーチーム 名古屋グランパスエイトの松本孝平選手、プロフットサルチーム 名古屋オーシャンズの篠田龍馬選手、八木聖人選手、プロバスケットボールチーム 三遠ネオフェニックスの岡田慎吾選手、鈴木達也選手の5人が慰問に訪れました。

この慰問は、日本赤十字社愛知県支部が上記の3チームとパートナーシップを締結している関係で同支部を通じて入院中の子供達を励ましたいとの提案を受け実現したものです。

当日は、最初に5選手が2グループに分かれて病室から出ることのできない患児を慰問した後、病室から出られる患児が集まっている同センターの食堂で、患児との交流を図りました。食堂では、7月31日に誕生日を迎える松本選手へのサプライズプレゼントもありました。

お礼に患児から色画用紙で作られたメダルが選手に手渡され、選手は大変喜ばれていました。

【写真:上】
患児からのサプライズプレゼントに笑顔を見せる松本選手(左)

【写真:下】
右から:篠田龍馬選手、八木聖人選手(名古屋オーシャンズ)
松本孝平選手(名古屋グランパスエイト)
岡田慎吾選手、鈴木達也選手(三遠ネオフェニックス)


2017年7月5日(水曜日)、名古屋国際婦人クラブ会長 神谷昌子様はじめ7人の皆様が当院を来訪され、カシオキーボード、レゴブロック、トミカなどを寄贈してくださいました。

名古屋国際婦人クラブは、各国婦人間の理解と親善を目的とし、様々な社会貢献活動を行われています。その一環として、昭和31年から当院小児医療センターを慰問いただいており、小児医療センターが希望する患児への品を寄贈いただいております。

贈呈式では、同クラブ会長様から寄贈品目録が贈呈されました。

その後、場所を移して小児医療センタープレイルームで改めて贈呈セレモニーが行われ、大城第二小児科部長からのお礼の挨拶に引き続き、患児からもお礼の手紙が贈られ、同クラブの皆様はとても喜ばれていました。


2017年6月1日、ANA(全日空)グループ「すずらん贈呈」が執り行われました。入院中の患者さんの一日も早い回復を願い、すずらんを贈るこの取り組みは昭和31年に始まり、全社的事業として今年で62回を迎えました。

まず、贈呈式では「しあわせ」の花言葉を持つすずらんの鉢植えと、グループ社員の皆さんがメッセージを書き込んだ「すずらんのしおり」が、客室乗務員のお二人と地上係員のお二人から宮田院長へ贈られました。これまで寄贈された鉢植えは、当院敷地内に植え替えられ大切に育てられています。

その後、西棟11階A、B病棟にて、客室乗務員及び地上係員の皆さんから患者さん一人一人に、すずらんのしおりが手渡されました。患者さんは「良い香りがする。ありがとう。」と笑顔でお話されていました。


2016年12月19日(月曜日)、中国琵琶コンサートが開催されました。
この催しは、中国琵琶の第一人者、涂善祥さんとそのお仲間の皆さんにより、患者さんの回復を願って続けられている恒例のイベントです。
今年も、涂善祥さんと奥様でソプラノ歌手の矢野留美さん、同じくソプラノ歌手の川地未奈子さん、ピアニストのマリ・リーさんのほか16人のコーラスの方にもお越しいただき、素晴らしい演奏と歌声を会場で披露いただきました。
西棟1階のホスピタルモール(玄関ホール)を会場に行われ、患者さんやお見舞いで来院された方だけでなく、地下鉄をご利用される方等地域の方々にも来場いただきました。
「十面埋伏」や「シルクロード」、「この道」、「アルハンブラ宮殿の思い出」、「アヴェマリア」のほか、ピアノにコーラス16人を加えての「聞こえる」、「ここに幸あり」の美しい歌声に引き続いて、最後に涂善祥さんの中国琵琶が再登場し、代表的なクリスマスソングである「ジングルベル」、「きよしこの夜」を披露してくださいました。
最後に来場者のアンコールに応えて「オー・ソレ・ミオ」を披露していただき、来場者の拍手が会場に響き渡りました。

2016年12月14日(水曜日)に中日ドラゴンズの大島洋平選手、松井佑介選手、祖父江大輔選手、高橋周平選手、小笠原慎之介選手が名古屋第一赤十字病院にて、トークショーと小児医療センター慰問を行いました。

最初に、東棟2階にある内ヶ島講堂で「なごやかトークショー」を開催しました。会場には患者さんだけでなく、近隣住民の方の姿もありました。選手らは、来場者との質疑応答や、色紙に漢字一文字で来シーズンへの抱負を書きながら、熱く優勝への思いを話してくれました。

その後、選手たちは、西棟7階の小児医療センターの病室から出られない患児の部屋を訪問し、サインボールとドラゴンズのグッズを手渡しながら記念写真の撮影を行いました。続いて、同センターの食堂にて、集まった患児たちから「いつから野球を始めましたか」などの質問に答えた後、慰問への感謝を込めた手作りの金メダルが選手たちの首に一人一人掛けられました。選手達とのふれあいに目を輝かせていた患児たちの様子が印象的でした。


2016年7月6日(水曜日)、名古屋国際婦人クラブ会長 高木貴子様はじめ7人の皆さまが当院を来訪され、「流し台オーブン等一式」を寄贈してくださいました。

名古屋国際婦人クラブは、各国婦人間の理解と親善を目的とし、様々な社会貢献活動を行われています。その一環として、1956年から当院小児医療センターを慰問いただいており、小児医療センターが希望する患児への品を寄贈してくださっています。

贈呈式では、同クラブ会長様から寄贈品目録が贈呈されました。

その後、場所を移して小児医療センタープレイルームで改めて贈呈セレモニーが行われ、加藤小児医療センター長からのお礼の挨拶に引き続き、患児からもお礼の手紙が贈られ、同クラブの皆様はとても喜ばれていました。


2016年6月2日(木曜日)、ANA(全日空)グループによる「すずらん贈呈」のため、客室乗務員の皆さんが来院されました。
今年も北海道千歳市から空輸され、前日届いたばかりの「すずらんの鉢植え」と「切り花」、グループ職員の方々の直筆メッセージ入りの「しおり」を届けてくださいました。
訪問先となった西棟12階の病室では、客室乗務員の方が笑顔で病室を訪ね、患者さん一人一人にすずらんの「しおり」、「切り花」を手渡し、励ましの言葉をかけてくださいました。患者さんも笑顔で受け取り、喜んでみえました。
いただいた鉢植えは、院内に植え替え、来年もまた美しい花を見られるように大切に育てていきます。


2016年1月21日(木曜日)に中日ドラゴンズの荒木雅博選手、大島洋平選手、平田良介選手、松井佑介選手、大野雄大選手が患者さんの回復を願い慰問に訪れました。
最初に行われた内ヶ島講堂でのトークショーでは、来場者の方から多くの質問と応援の言葉を選手たちは受けられました。パネルトークでは、選手のみなさんに今シーズンに向けた想いや抱負を色紙に書いていただきました。「優勝」と書かれた色紙を手に熱く語るその姿からは、今シーズンにかける意気込みが伝わってきました。
トークショー終了後は、小児医療センターで病室から出ることのできない子どもたちを励まし、元気づけていただきました。引き続き選手たちは、同センターの食堂に集まっている子どもたちからの質問に答えたり、手作りのメダルを受け取ったりし、子どもたちとの交流を深めました。


2015年12月14日(月曜日)に、中国琵琶コンサートが西棟1階ホスピタルモールを会場に開催されました。 このコンサートは、世界的にも有名な涂善祥先生からのクリスマスプレゼントとして患者さんや地域のみなさんがとても楽しみにされているイベントです。
今回は、涂善祥先生、ソプラノ歌手の矢野留美さん、ソプラノ歌手の川地未奈子さん、ピアノのマリ・リーさんに加え、12人のコーラスの方々との演奏会となりました。
曲は、「十面埋伏」から始まり、「荒城の月」、「心の扉」、「夜来香」など12曲を演奏していただきました。
クリスマスソングの「ジングルベル」と「きよしこの夜」は、コーラスによる美しい歌声が会場いっぱいに響き渡り、会場がクリスマスの素敵な雰囲気に包まれました。

2015年11月24日(火曜日)、当院小児医療センターをプロフットサルチーム 名古屋オーシャンズのペドロ・コスタ選手、前鈍内・マティアス・エルナン選手、星 龍太選手の3人が慰問に訪れました。

同チームは現在、Fリーグにおいて、2位に勝ち点差14をつけて首位を走る強豪です。

この慰問は、日本赤十字社愛知県支部を通して、入院中の子供達を励ましたいとの提案を受け実現したものです。

当日は、最初に3選手が1人ずつに分かれて病室から出ることのできない患児を慰問した後、病室から出られる患児が集まっている同センターの食堂で、フットサルの説明やフットサルで使用するボールとサッカーボールとの違いなどを紹介したり、リフティングを披露したりしながら患児との交流を図りました。

お礼に患児から色画用紙で作られたメダルが選手にプレゼントされ、選手は大変喜ばれていました。

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター