専門分野で活動するスタッフ

認定看護管理者

認定看護管理者

公益社団法人 日本看護協会認定 認定看護管理者の活動紹介

認定看護管理者とは、「多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族および地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者」と定義されています。

認定看護管理者 川瀬 とし子

看護職が生き生きと専門職として活躍できるために、看護部の業務担当として業務環境の調整を行っています。また、患者さんの安全で快適な療養生活を担保するために、有効なチーム医療が行われるよう、現場の情報をもとに他職種と透明で健全な関係づくりを目指し取り組んでいきたいと考えています。

認定看護管理者 古市 めぐみ

急性期病院の当院で安全で質の高い看護サービスの提供ができるよう新入看護職員をはじめとするスタッフの教育的支援を行っています。スタッフがワークライフバランスを踏まえ、自分のキャリアを開発していくことのできる支援を目指しています。

認定看護管理者 秋江 百合子

救急医療を担う高度急性期の総合病院として、安全、安心、安楽な療養環境が提供できるよう心掛けています。看護部の教育担当として、スタッフが専門性の高い看護ケアを提供できるように教育プログラムを考えています。  また、この病院に就職したスタッフが、看護の専門職として成長できる喜びを感じられるように支援していきたいと思っています。

認定看護管理者 近森 清美

急性期病院である当院の役割は、高度・良質な医療を提供することであり、また昼夜問わず最新の医療が提供できる安全な環境が求められています。そこで、安全な医療環境には、医療スタッフが、お互いの能力を最大限に活用し、不備を補完し合うことができるチーム医療は欠かせません。各職種の専門性を尊重するとともに、相互援助できるチーム医療を目指して支援しています。

ページトップへ戻る