検査について

心電図、負荷心電図

心電図、負荷心電図

心臓は血液を全身に送り出すポンプです。ポンプの働きをするときは非常に小さな電流が流れます。
体の表面でその電気を記録したものが心電図です。記録された波形の変化やリズムの変化から、心臓の筋肉の障害(狭心症や心筋梗塞など)や不整脈(期外収縮や心房細動など)がないか調べます。

12誘導心電図

両手足に各1個、胸に6個の電極をつけて心電図を記録します。検査時間は10分ほどです。

運動負荷心電図

運動をして心臓に負担をかけ、運動前後の心電図変化を調べる検査です

負荷試験名 方法 モニター
マスター運動負荷試験 階段(マスター台) なし
トレッドミル運動負荷試験 歩く歩道(トレッドミル) 心電図と血圧
エルゴメーター運動負荷試験 自転車こぎ(エルゴメーター) 心電図と血圧

24時間ホルター心電図検査

日常生活を行いながら心電図変化を調べる検査です。
長時間の心電図を調べることができ、症状がある時の心電図変化を調べられます。

検査第1日

装着 胸に5個の電極を貼り、ホルター心電計を装着します。
帰宅 装着中は行動の内容、症状がでた時の記録を行います。
シャワー・入浴はできませんがそれ以外は、普段の生活ができます。

検査第2日

来院 指定された時間に検査センター受付にお越しください。
他の検査や診察のある患者さんは再来受付後にお越しください。
検査室でホルター心電計を外します。

24時間酸素飽和度検査

日常生活を行いながら、長時間の体の中の酸素濃度を調べる検査です。

検査方法

検査第1日目

装着 指にセンサーを巻き、記録器を装着します。
帰宅 装着中は行動の内容、症状が出た時の記録を行います。
シャワー、入浴、手洗い(センサー装着指)は出来ませんが、それ以外は普段の生活が出来ます。

検査第2日目

来院 指定された時間に検査センター受付にお越し下さい。
他の検査や診察のある患者さんは、再来受付後にお越し下さい。
検査室で記録器を外します。

関連ページ

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター