臨床研修

初期研修(歯科)メッセージ

初期研修(歯科)メッセージ

初期研修管理委員長 メッセージ

当院における初期臨床研修は50年以上の歴史を持ち、研修修了者は900人を超え、修了者はこの地域をはじめ全国で活躍しています。当院の研修は、初期から専門研修まで一貫した研修体制が組まれ、全診療科専門医育成を特徴としています。

研修に適した豊富な症例、多数の指導医、適切な評価とフィードバックがそれぞれのプログラムで設定されています。研修プログラムには、どんな医師になってほしいか、どんな研修を用意しているかが書き込まれています。

君たちは将来こんな医師になりたいと希求し、社会は君たちに「基本的な臨床能力を持った医師」になってもらうことを望んでいます。病院は、それらの望みを満たすべく研修環境を整備しています。公共財産である良質な医師の育成は、当院の重要な使命の1つです。指導医、上級医、医療スタッフ、地域社会、患者とその家族は、一丸となって諸君の研修を支えています。

当院でレベルの高い良質な研修を経験してください。病院全体で歓迎します。

 

初期研修管理委員長 伊藤 雅文

歯科プログラム責任者 メッセージ

歯科プログラム

「名古屋第一赤十字病院歯科臨床研修プログラム」では、全人的な監理の下に歯科診療を実施できるよう1年の初期研修プログラムを組んでいます。各診療科の指導医や同期医科研修医と共に多くを学ぶことができます。2年次は後半研修と位置づけて、歯科口腔外科を中心としたプログラムに移行することができます。ここでは麻酔科での研修を含み、入院患者の術前術後管理も含め、口腔悪性腫瘍、顎顔面外傷、顎変形症、口唇口蓋裂など、指導歯科医師と共にさまざまな疾患の患者管理を担当します。外来診療では、周術期の口腔機能管理、摂食嚥下機能障害の評価など多くの入院患者の診察にあたります。

日赤チームの一員として、楽しく学べる研修環境を準備しています。病院見学や病院説明会参加は大歓迎です。連絡をお待ちしています。

歯科プログラム責任者 大岩 伊知郎

ページトップへ戻る