外科系

血管外科

 

頭の中、胸の中以外の血管の病気に対し、一人一人の患者さんに
最適な治療を提供します。

血管外科は、頭の中、胸の中以外の動脈・静脈・リンパ管を扱っています。当科では、足の痛み・しびれのために受診される患者さん、動脈が閉塞していると診断されて紹介される患者さん、大動脈が正常の直径よりも1.5倍以上に膨らんでしまった患者さんなどを診察しています。最近は血管内治療を多く施行しています。

主な疾患

  • 下肢静脈瘤
  • 深部静脈血栓症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 大動脈瘤
  • リンパ浮腫

血管外科の特徴(検査・治療・体制など)

血管外科疾患について、中日新聞折り込みの「ローズ」誌に錦見医師が連載した記事をお届けします。

  1. 1)血管外科とは
  2. 2)下肢静脈瘤(上)
  3. 3)下肢静脈瘤(下)
  4. 4)下肢深部静脈血栓症(上)
  5. 5)下肢深部静脈血栓症(下)
  6. 6)閉塞性動脈硬化症(上)
  7. 7)閉塞性動脈硬化症(中)
  8. 8)閉塞性動脈硬化症(下)
  9. 9)大動脈瘤(上)
  10. 10)大動脈瘤(中)
  11. 11)大動脈瘤(下)
  12. 12)リンパ浮腫
 
 
 
 
 

診療科・部門 一覧にもどる

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター