がんの種類と治療

胃がん・大腸がん

胃がんについて

2014年の日本における胃がんの罹患患者は、男性で第1位、女性では乳がん、大腸がんに次いで第3位でした。
 内視鏡的切除により根治が期待できる早期胃がんに対しては積極的に内視鏡治療を行っています。切除方法はがんの状況や患者さんの状態により最善な方法を選択しています。2センチ以上の大きな病変でも一括での切除「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」を導入し、切除成績の向上を図っています。2019年は68人の胃がんの患者さんに内視鏡治療を受けていただいています。内視鏡治療後に出血や穿孔などが原因で緊急手術となった方はなく、治療の安全に十分に注意を払っています。
 他臓器への転移や浸潤を認めたため、外科的切除が困難な進行胃がんに対しては、抗がん剤(S-1、シスプラチン、オキサリプラチン、カペシタビン、トラスツズマブ、ドセタキセル、パクリタキセル、イリノテカンなどを単剤あるいは多剤併用)を用いた全身化学療法を行っています。
 患者さんの個々の病態に応じた治療法を選択して受けていただいています。

ガイドライン

胃癌治療ガイドライン 2014年5月改訂【第4版】日本胃癌学会

3センチの早期胃がん(陥凹型)

内視鏡的粘膜下層剥離術による一括切除

早期胃がんの切除標本

大腸がんについて

大腸がんは胃がんを上回り、肺がんに次いで2番目に多いがんです。
 早期の大腸がんは内視鏡的切除により根治ができるものが多く、当院では積極的に内視鏡治療を行っています。小さな病変に対しては外来あるいは一泊の入院で内視鏡切除を行っています。大きな病変に対しては胃と同様に「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」を導入し、切除成績の向上を図っています。
 2019年は142人の大腸がんの患者さんに内視鏡治療を受けていただいています。内視鏡治療には安全性に十分注意を払って行っています。
 他臓器への転移や浸潤を認めたため、外科的切除が困難な進行大腸がんに対しては、ガイドラインに準じて各種抗がん剤を用いた全身化学療法を行っています。
 患者さんの個々の病態に応じた治療法を選択して受けていただいています。

ガイドライン

大腸癌治療ガイドライン 2016年版/大腸癌研究会

ページトップへ戻る