診療科・部門

臨床研究・治験支援センター

臨床研究・治験支援センター

患者さんの個人情報の取り扱いについて

当院では、医学・医療の発展のため、さまざまな臨床研究を実施し、患者さんの診療情報を個人情報の匿名化(患者さん個人が特定できないように氏名や生年月日、住所などの個人情報を他の人に分からないように編集すること)を行ったうえで、利用させていただいています。(個人情報の取り扱いにかかる詳細はこちらのPDFをご覧ください
 臨床研究などにおける個人情報の取り扱いについてのご質問や患者さんがご自分の診療情報の臨床研究などへの利用を承諾いただけない場合は、以下の相談窓口にお申し出ください。

臨床研究・治験にかかる個人情報の相談窓口

臨床研究・治験支援センター
電話(代表):052-481-5111(内線20538)

臨床研究における不正防止対策について

臨床研究に関する情報

研究情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明を行い、同意を取得したうえで実施します。
 しかし、臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報などの情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針などにおいて、対象患者さんから直接同意を取得する代わりに、研究の目的を含めて情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は「オプトアウトを用いた進行中の臨床研究一覧」をご覧ください。
 なお、研究への協力を希望されない場合や、臨床研究に関して知りたいことがある場合は、各研究の担当者にお知らせください。仮に研究への不参加を申し出られた場合でも、以後の診療において何ら不利益を受けることはありません。

治験に関する情報

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター