活動報告

2018年度 一覧

横にドラッグまたはスクロールして選択してください。

治療を受けておられる多くの患者さんのために、大きな励みとなる善意のご慰問をいただいております。

2018年12月10日(月曜日)、西棟1階ホスピタルモールにて中国琵琶コンサートを開催しました。

今年で26回を迎えたこのコンサートは、名古屋を拠点に中国琵琶演奏の第一人者として国内外で幅広く活躍されている涂善祥先生のご厚志により開催され、クリスマス前恒例のイベントとなっています。

今年もソプラノ歌手の矢野留美さん、川地未奈子さん、ピアノのマリ・リーさんのほか、コーラス「くるみの会」17人の方をお迎えし、美しい音色と歌声を聴かせてくださいました。

「シルクロード」に始まり、「アルハンブラ宮殿の想い出」、「さくら変奏曲」、「チャルダッシュ」など10曲を演奏していただきました。曲の合間にはその曲にまつわるエピソードや思い出も紹介され、来場者はその情景とともに曲の世界観に浸っている様子でした。

アンコールには「見上げてごらん夜の星を」。矢野さんのリードのもと、川地さんやくるみの会の皆さんとともに来場者の歌声が響き渡り、会場はなごやかな雰囲気に包まれました。


2018年12月7日(金曜日)、フィンランドのラップランドからサンタクロースがやってきました。赤い三角帽子に赤いガウン。大きな体で杖をついた本物のサンタクロースに会うと、子どもたちは照れたような、嬉しそうな表情を見せました。

サンタクロースはなんと算数が大得意。小学生の患児に会うと、九九の問題を出し合い、日本語と英語を交えながら話をして楽しいひと時を過ごしました。フィンランド語を勉強した患児もおり、サンタクロースも嬉しそうな様子でした。

「お花がほしい」「自転車がほしい」と、子どもたちが一生懸命手紙にしたためたサンタさんへのお願いは、赤いガウンの秘密のポケットへ。きっと願いを叶えて素敵なプレゼントが、クリスマスの日に枕元に届くことでしょう。

名古屋観光ホテル様のご厚意により、今回の慰問が実現いたしました。


2018年11月30日(金曜日)に、中日ドラゴンズの大島洋平選手、松井佑介選手、祖父江大輔選手、高橋周平選手、佐藤優選手が当院を訪れました。この慰問は、患者さんの一日も早い快復を願う選手たちのご厚意によって、長年続けていただいています。

トークショー会場となった東棟2階内ヶ島講堂は150人ほどの来場者があり、来季にかけるドラゴンズへの期待、ドラゴンズ愛に満ちていました。

来場者からは多くの質問と、応援の言葉がかけられ、選手たちもその言葉ひとつひとつを真摯に受け止めておられました。来シーズンの抱負や思いを色紙に漢字一文字で表すコーナーでは、大島選手が優勝を目指し、自身も12球団で一番になりたいと、「一」を記しました。

トークショー終了後、選手は西棟7階小児医療センターへ移動し、患児の病室をひとつずつ訪れ、サインボールやグッズをプレゼントしながら記念撮影に応じてくださいました。続いて同センター食堂に選手全員が集まり、部屋から出られる患児たちやその付き添いの方々と交流を深めました。慰問のお礼として、患児から選手一人一人に手作りのメダルがかけられると、選手たちも笑みを浮かべ嬉しそうな様子でした。


2018年10月29日に、ベネッセコーポレーション<こどもちゃれんじ>の人気キャラクター「しまじろう」と歌のおねえさんが、当院小児医療センターに入院中の患児を慰問に訪れてくださいました。

この取組みは、ソニー生命とベネッセコーポレーションの共同プロジェクト「いっしょに笑おう☆キャラバン」で、今年で2年目を迎えます。全国の小児病棟を訪問し、病室の患児に会いに行ったり、キッズスペースで手遊び歌をするなど、子どもたちに寄り添い、かけがえのない思い出を作るプロジェクトです。

ハロウィーン仕様に飾られた病棟を、一部屋一部屋訪問いただき、患児たちは満面の笑みを浮かべ、鮮やかな飾り付けに負けず劣らず、よりいっそう賑やかな声が病棟に溢れました。

食堂では、しまじろうと歌のおねえさんと、手遊び歌をするなどして、患児たちはもちろん、保護者や職員も大盛り上がりのひとときとなりました。
世代を越えて愛される人気者は、イベント後も写真撮影にひっぱりだこになり、時間の許す限り、皆に素敵な思い出をプレゼントしてくれました。


今年で6回目のこのフェスティバルは、院内院外を問わず多くのボランティアの方のサポートにより、275人の来場者を迎えることができました。

ピンクリボン活動は、乳がんについての知識を多くの方に知っていただき、その結果乳がんから引き起こされる悲しみからひとりでも多くの人を守る活動です。愛知県の乳がん検診受診率は全国と比べて10.2%(28年度)と低いのが現状です。近隣の方々から乳がんについての関心を持っていただき、ひとりでも多くの方の検診受診に繋げられることが願いです。

オープニングは子ども会ロックソーランの元気な踊りに始まり、フラダンスやダンスグループの華麗なステージ、同朋高校やどあらっこからのメッセージで乳がん検診を呼びかけました。また、がん研有明病院乳腺外科部長の岩瀬拓士先生の講演では、乳がんについての最新のトピックスについてお話しいただきました。
マンモグラフィ見学や自己検診コーナーにより乳がん検診に関心を持っていただき、毎年大人気の骨密度やアロママッサージ、アピアランスコーナー、キャンサーフィットネスで心も体も癒しの時間を楽しんでいただきました。


2018年10月13日(土曜日)、第9回中村日赤ふれ愛まつりを開催いたしました。

ステージでは、大盛り上がりを見せた赤十字クイズコーナー、元当院所属医師によるジャズコンサートやヴァイオリンリサイタル、紙芝居、ホスピタルクラウンショー、ちんどんや、チアリーディング等が披露されました。

東棟2階では調剤体験、内視鏡と電気メスの手術機器体験、似顔絵師による似顔絵コーナーを実施、内ケ島講堂及びそのロビーでは各種体験コーナーや測定コーナー、栄養相談や歯科衛生士による健口チェックコーナーを設けました。また、西棟2階のリハビリ訓練室では肩こり解消ストレッチと転倒リスクチェック、1階の患者相談支援センター付近では子ども救護服、ナース服、手術衣試着体験などが行われ、会場は小さな救護員、看護師、医師で溢れました。

正面玄関前には救急車両展示コーナーや愛知県赤十字血液センターによる献血バス展示とパネルクイズが設けられ、赤十字の事業についても多くの方にご理解いただけたことと思います。

フィナーレでは、日本赤十字社公式マスコットであるハートラちゃんと献血推進キャラクターのけんけつちゃんが登場し、総合周産期ダンサーズとともに会場を盛り上げました。

1,400人を超える方にお越しいただき、大盛況ののち終演となりました。
ありがとうございました。


2018年8月13日(月曜日)、西棟1階ホスピタルモールにてフルート・オカリナ奏者の加藤由記さん、ピアニストの佐溝章代さんによる「なごやかコンサート」を開催しました。

このコンサートは、加藤さんのご厚志により始まり、今年でなんと11回目。夏休みの恒例イベントとして親しまれ、お盆の時期と重なったこともあり、200名を超える来場がありました。

今年は、メドレーやアンコールを含めた13曲。シューベルトの「アヴェマリア」に始まり、「さとうきび畑」、「花~全ての人の心に花束を~」、「夏の思い出」など、誰もが口ずさめる曲から、「THE ROSE.」、「Time to say goodbye.」といったしっとり聴かせる曲まで幅広いジャンルを演奏していただき、集まった患者さんやお見舞いの方、地域の皆さんを爽やかなフルートとピアノの世界へ誘いました。

2018年7月11日(水曜日)、ラグビートップリーグで活躍する豊田自動織機シャトルズの長江有祐選手、平原大敬選手、サム・グリーン選手、小西大樹選手の4名が西棟7階小児医療センターを慰問に訪れ、グッズを一人一人に手渡しながら励ましの言葉をかけられました。

当日は、最初に4選手が2グループに分かれて病室から出ることのできない患児一人一人にグッズを手渡しながら励ましの言葉をかけられ、その後病室から出られる患児が集まっている同センターの食堂で、患児との交流を図りました。患児から選手に慰問のお礼として手作りのメダルが贈られ、選手も「みんなからパワーをもらいました」と嬉しそうな様子でした。

2019年には、日本でラグビーワールドカップが開催されることもあり、ラグビー熱高まる昨今。普段間近で見ることのない大きな体を目の当たりにし、子どもたちも大興奮の一日でした。

【写真:上】
左から、平原大敬選手、小西大樹選手、長江有祐選手、サム・グリーン選手

【写真:下】
小児医療センター食堂にて患児と笑顔あふれる一場面


2018年7月4日、名古屋国際婦人クラブ会長 黒田 牧子様はじめ6名の皆様が当院を来訪され、「ベビーラック、磁石ブロック等一式」を寄贈してくださいました。

名古屋国際婦人クラブは、各国婦人間の理解と親善を目的とし、様々な社会貢献活動を行われています。その一環として、昭和31年から同クラブは当院小児医療センターへ慰問をいただいており、小児医療センターが希望する品を寄贈してくださっています。

贈呈式では、同クラブ会長様から寄贈品目録が贈呈されました。また、小児医療センタープレイルームで改めて贈呈セレモニーが行われました。セレモニーでは、大城誠第一小児科部長からお礼のあいさつの後、小学生の患者さんからお礼の手紙が贈られ、同クラブの皆様はとても喜ばれていました。


2018年5月31日(木曜日)、「すずらん贈呈」のためにANA(全日空)グループの客室乗務員をはじめ6名が来院され、北海道千歳市近郊に咲いたすずらんの花と、グループ社員の方々の手書きメッセージの入ったすずらんの香り漂う「しおり」を届けてくださいました。「しあわせ」「幸福の再来」の花言葉をもつすずらんの贈呈は、昭和31年から始まり今年で63回目になります。

贈呈式後、客室乗務員と地上係員の方々は、西棟10階A、B病棟にて患者さん一人一人に直接励ましの言葉とともにすずらんのしおりを手渡されました。受け取られた患者さんは笑顔を浮かべられ、たいへん嬉しそうなご様子でした。


ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター