検査について

免疫血清検査

免疫血清検査室

感染症検査

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、成人T細胞白血病ウイルス、エイズウイルス、梅毒などの検査は、病気の診断・治療の他に病院職員を守る目的でも行われます。
その他に、真菌(カビ)の感染がないかを知るためのβ-D-グルカンなどの検査を行っています。

腫瘍マーカー検査

体の中にがんができて大きくなるといろいろな腫瘍マーカーの値が高くなります。腫瘍マーカーにはそれぞれに特徴があり、病気を発見したり、再発をチェックするために用いられます。当検査室で測定している腫瘍マーカーは下表に示したとおりです。

腫瘍マーカーの検査目的・高値となる病気の一覧

横スクロールでご覧ください。

  検査目的 高値となる病気
CEA
  • (1)腫瘍全般の診断の指標となります。
  • (2)がんの外科手術後の経過観察、再発の早期発見、治療効果判定に用いられます。
  • (3)危険度の高い人の定期健診
転移性肝がん、大腸がん、胃がん、膵がん、胆道がん、肺がん、肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病、甲状腺機能低下症
CA19-9
  • (1)膵がん、胆のうがん、胆管がんの診断、治療効果や再発の予測に用いられます。
  • (2)膵炎と膵がんを区別する指標となります。
膵がん、胆のうがん、胆管がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、胆石症、胆のう炎、胆管炎、子宮内膜症、卵巣嚢腫、慢性肝炎、慢性膵炎、糖尿病
CA125 卵巣がんの診断、治療効果や再発の予測に用いられます。 卵巣がん、膵がん、胆管がん、肝がん、子宮内膜症、卵巣チョコレート嚢胞、漿膜炎(しょうまくえん)
AFP
  • (1)肝細胞がんの診断、治療効果や再発の予測に用いられます。
  • (2)肝臓の病気の変化の把握に用いられます。
  • (3)異常妊娠や胎児管理の指標に用いられます。
  • (4)生まれつきによる奇形の指標に用いられます。
肝芽腫、肝細胞がん、悪性奇形腫、乳児肝炎、肝硬変、劇症肝炎回復期、慢性肝炎、急性肝炎、妊娠後半
PSA
  • (1)前立腺がんのスクリーニングに用いられます。
  • (2)前立腺がんの大きさ、進行度を反映するので、治療効果の判定に用いられます。
前立腺がん、前立腺肥大、前立腺炎
CA15-3
  • (1)転移しやすい乳がんの診断や転移の発見に用いられます。
  • (2)抗がん剤の効果を見るために用いられます。
乳がん(転移性乳がん)、肺がん、卵巣がん
CYFRA 肺がん、食道がんの診断・治療効果や再発の予測に用いられます。 肺がん、卵巣がん、乳がん
SCC
  • (1)扁平上皮がん(子宮頚がん、肺がん、食道がん、尿路がん、性器がん)が疑われるときに用いられます。
  • (2)扁平上皮がんの治療効果判定に用いられます。
扁平上皮がん(子宮頚がん、肺がん、食道がん、尿路がん、性器がん)
PIVKA-II 原発性肝細胞がんに特異性があり、その診断に用いられます。AFPとの同時測定で診断率が向上します。 肝細胞がん、慢性肝炎、肝硬変、肝内胆汁鬱滞、ビタミンK欠乏性出血症、吸収不全症候群、ワーファリン投与時
HE4 卵巣がんの診断、治療効果や再発の予測に用いられます。HE4とCA125から算出される卵巣悪性推定値(ROMA)は悪性かどうかの推定に用いられます。 卵巣がん

甲状腺検査

橋本病やバセドウ病などの甲状腺の病気になると、甲状腺ホルモンの値が変化します。甲状腺ホルモンや抗体を測定して、病気の重症度を判定したり薬の効果を見たりします。

その他の検査

PCT(プロカルシトニン)、TnT(トロポニンT)、ビタミンB12、葉酸、ACTH、コルチゾールなどを測定しています。

関連ページ

検査について

 

ページトップへ戻る