外科系

皮膚科

 

重症の皮膚疾患に対し、
さまざまな治療法や地域の病院との連携でより良い医療を提供します。

皮膚には、湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、薬疹といったアレルギー性疾患から、水虫、帯状疱疹、蜂窩織炎などの感染症、天疱瘡などの自己免疫性水疱症、乾癬などの角化症、熱傷などの皮膚障害、さらには皮膚がん、膠原病までさまざまな病気が生じます。

当科では常に最新の知識、治療法を取り入れ、また大学病院をはじめ近隣病院との診療科を越えた連携を重視し、患者さんにより良い医療を提供できるように努力しています。

皮膚悪性腫瘍(基底細胞がん、有棘細胞がん、悪性黒色腫など)に対する治療、乾癬に対する生物学的製剤による最新治療、腋窩多汗症に対するボトックス治療、陥入爪手術、金属アレルギーに対するパッチテストなども行っています。

地域の医療に対する当院の役割を踏まえ、ご紹介をいただいた重症患者さんの治療を中心に行っています。近年の「かかりつけ医推奨」の流れに従い、状態の落ち着いている方、一過性の軽症疾患の方については近隣の医院への紹介を勧めさせていただくことがあります。

主な疾患

  • アレルギー性疾患(湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、薬疹など)
  • 感染症(水虫、帯状疱疹、蜂窩織炎など)
  • 自己免疫性水疱症(天疱瘡など)
  • 角化症(乾癬など)
  • 皮膚障害(熱傷など)
  • 皮膚がん
  • 膠原病
 
 
 
 
 

診療科・部門 一覧にもどる

ページトップへ戻る