部門

集中治療部

 

院内最後の砦として、厚労省の厳しい基準を満たすスーパーICUで
患者さんに質の高い医療を提供します。

当ICU(集中治療室)は、1981年11月にわずか2床で開設しました。その後、1984年に6床へ増床し、地域基幹病院の使命達成のもと、病院の増改築を経て、1995年6月から8床へ増床しました。それ以降、病院内の最重症患者の収容と治療ができる全科的なgeneral ICUとして稼動しています。2003年6月に救命救急センターが発足し、院外からの患者さんの治療は救命救急センターICUにて、術後や院内発生の重症患者さんの治療は、当ICUで対応させていただいています。救命救急センターICUと当ICUは隣接しており、協力し合い、病院の高度集中医療を担っています。

2019年7月1日より特定集中治療室管理料1算定施設(スーパーICU)、同じく2019年10月1日より日本集中治療医学会集中治療専門医研修施設となりました。

ICUの特徴

ICUのミッション(使命)は、チーム医療のマンパワーと高度先進医療機器を用いて、できる限り短期間に、一般病棟管理ができる状態まで患者さんが回復されるよう質の高い治療と看護をしていくことです。医師と共に、2人の患者さんに対し1人以上の看護師が24時間体制で看護しています。生体侵襲に伴う疼痛や苦痛、生命の危機的状況やICU環境からの不安やストレスに患者さんはさらされています。治療と並行しながら、患者さんの生命の安全と心身の安楽が得られるように看護ケアに努めています。

また、退院後の患者さんのQOLやADLの自立を見据え、早期リハビリテーション・早期栄養管理への取り組みも行っています。早期離床・リハビリテーション加算および早期栄養管理加算を算定しています。

院内の最後の砦として、各科の医師・看護師・臨床工学技士・薬剤師・理学療法士・管理栄養士など多職種と協働し、高度で安全な医療の提供を目指しています。

 
 
 
 
 

診療科・部門 一覧にもどる

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター