外科系

眼科

 

年間約500例の眼の手術を実施。
全身合併症のある方にも他科と連携して対応します。

当科では、「ものを見る」というQuality of visionの向上のため、2人の常勤医師、4人の視能訓練士と2人の看護師で外来を行っており、年間約500例の手術を行っています。白内障手術に関しては、全身合併症をお持ちの患者さんが多いため、他科と連携してより安心していただける治療を心掛けています。また、地域医療連携の一環として、糖尿病網膜症の診断・治療に重要な検査であるフルオレセイン眼底造影検査のみの依頼を受けています。

主な疾患

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜硝子体疾患
  • 斜視
  • 小児視力障害
 
 
 
 
 

診療科・部門 一覧にもどる

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター