検査について

循環器リハビリテーション

循環器リハビリテーション

急性心筋梗塞・不安定狭心症・心臓バイパス術後・心不全・閉塞性動脈硬化症などの循環器疾患の患者さんを対象にストレッチ・筋力トレーニング運動・歩行・自転車こぎの運動を行います。
病気の状態の改善や生活の質の向上を目指すリハビリテーションです。同時に、栄養指導や生活指導など多方面の生活の改善を目指しています。

循環器リハビリテーションの流れ

  • 問診

    看護師が患者さんの状態、生活環境などをお聞きします。

  • 面談

    循環器リハビリテーション担当医師が患者さんの病状、検査結果、問診などを参考に面談をしてリハビリテーション計画書を作成します。またリハビリテーション実施中は定期的に面談を行い、リハビリテーション計画の見直しをします。

  • 実施

    血圧測定、ストレッチ・筋力トレーニング、心電図モニター装着、ウォーキング、心電図・血圧監視下での自転車こぎ運動

  • 診断

    循環器リハビリテーション担当医師が、実施内容の確認、モニター結果の診断を行い、実施内容を調整します。

  • 心肺機能検査

    循環器リハビリテーション開始時、90日後、150日後を目安に、自転車こぎ(エルゴメーター)負荷心肺機能検査を行います。この検査でリハビリテーションの効果や患者さんに最適な運動量などを検討します。

  • 栄養指導

    管理栄養士により1カ月に一度、集団で栄養指導を行います。家族の方の参加も可能です。

関連ページ

検査について

ページトップへ戻る