先進医療施設

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアは病気が診断されたときや治療とともに、並行して行われます。病気に対する積極的治療ができなくなった人に行われるのが「緩和ケア」、ホスピスの医療が「緩和ケア」だと思っている人が多いですが、これは誤解です。患者さんの「心と体の苦痛を和らげる」ことが緩和ケアです。心と体の苦しさを取り除くことで治療が受けやすくなり、体に良い影響をもたらします。また、緩和ケアチームは患者さんの療養の仕方、場所などを一緒に考え、患者さんが自分らしく生きることを目指します。
 緩和ケアチームとは、主治医・担当看護師と協力して、緩和ケアをお手伝いさせていただくチームです。

緩和ケアチームのメンバー

 専門知識を持った医師・精神科医・看護師・薬剤師・管理栄養士・公認心理師が主なメンバーです。
 必要に応じてメディカルソーシャルワーカー、退院支援担当者、理学療法士も加わります。

どんなことを相談したら?

痛み、吐き気、不眠、便秘、動悸、息苦しさ、だるさなどの身体のつらさ。
 気持ちのつらさ、経済的不安、日常生活への不安、今後の生活への不安など、さまざまなご相談をお受けしています。

どんな人が対象?

当院に入院中・外来通院中の患者さんとそのご家族です。

どうしたら相談できる?

主治医や看護師にお尋ねください。1階「患者相談支援センター・がん相談支援センター」でも相談をお受けしています。

いつ診てもらえる?

入院中・外来通院中を問わず、平日にお受けしています。
 入院患者さんの回診を、毎週月曜・水曜・金曜日に行っています。
 当院に通院中の外来患者さんは、随時、診察をお受けしています。

実績

2020年度

新規依頼件数 218件
 がん患者さん 206人
 がん以外の患者さん 12人

緩和ケアチームパンフレット(PDF)

ページトップへ戻る

日本赤十字社 愛知医療センター