診療科・部門

脳神経外科

当科の特徴と概要

 当科は、脳卒中科に所属する医師1名を含む計6名の脳神経外科医師が診療に当たります(そのうち脳外科専門医5名、脳卒中専門医2名、脳血管内治療指導医/専門医2名)。

 また、日本脳神経外科学会の専門医訓練施設A項(名古屋市では大学病院を除くと6病院のみ)、日本脳卒中学会の認定教育病院にも認定されております。24時間365日の診療体制でくも膜下出血などの急性期疾患に対応する地域の中核病院であり、同時に脳腫瘍、小児奇形など幅広い知識と技術を必要とする疾患に対しても、高い診療実績をもっております。

診療の解説

  • 未破裂脳動脈瘤・くも膜下出血
  •  脳動脈瘤治療は、開頭術によるクリッピングから開頭しないコイル塞栓術に比重が移ってきておりますが、治療前にスタッフ全員によるカンファレンスで治療方法を十分検討して決定しております。くも膜下出血の治療成績は高いレベルを維持しています。

  • 脳腫瘍
  •  脳腫瘍に対しては、当院では全例で顕微鏡と脳ナビゲーションシステムを使用して手術の安全性を高めております。脳ナビゲーションシステムとは自動車の道案内に用いられるカーナビゲーションシステムのようなもので、脳のどこを手術しているのか、脳腫瘍はどこまであるのかなどの情報をリアルタイムで画像表示することができます。この先端機器の使用により必要最小限の組織切開や、重要な脳機能を温存する精度がさらに高まります。ナビゲーションシステムの導入は、名古屋圏内では先がけておこなっており、これまでに500例以上の経験があります。当院ではナビゲーションシステムの精度をさらに高めるために、メディカルエンジニアによるプランニング設定を行っており、その誤差は1ミリメートルの世界です(手術対象となる脳腫瘍の大きさは3-8センチメートル程度のことが多い)。

     さらに、術中の神経機能の状態を監視する電気神経生理モニタリングや手術室CTも配備され、スタッフの技術と先端機器を駆使して正確で安全な手術を行っております。

     脳腫瘍の中でも脳下垂体腫瘍は、内視鏡とナビゲーションを組み合わせた先端的治療を行っており、鼻からの手術で術後の痛みもほとんどなく、約1週間程度で退院することができます。

  • 小児脳神経外科
  •  先天性疾患(二分脊椎、水頭症、頭蓋骨縫合早期癒合症など)をはじめ、小児期の脳腫瘍、脳血管障害や頭部外傷などは、脳神経外科の中でも更に専門性を要する領域です。当院は小児脳神経外科を専門とするスタッフもおり、名古屋圏内および愛知県下の大学病院や他の総合病院からも治療を依頼され、手術を行うこともしばしばです。

実績

 当科における脳神経外科手術の総数は、年間300件前後です。内訳は脳動脈瘤手術約50例、脳腫瘍手術約60例、血管内カテーテル治療約50例ほどです。脳腫瘍手術の実績数が多いのが当院の特徴で、良性脳腫瘍の中で最も頻度の高い髄膜腫はもちろん、悪性脳腫瘍や転移性脳腫瘍の患者さんも多く来院されます。外科手術以外にも、放射線被曝の少ない定位照射線治療など患者さんの病態に応じた総合治療をお勧めしており、治療患者さんの数は上記手術件数にとどまりません。

症例のデータベース登録について

 当科では、NCD (National Clinical Database) のデータベース事業に参画しております。これは平成27年1月より開始された、日本脳神経外科学会によるNCDを利用した手術症例の登録事業 JNR (Japan Neurosurgery Registry on National Clinical Database) に則ったものです。患者さんにすでに行われた診療行為で得られた結果を診療記録に基づいて登録するものです。患者さんの氏名や住所を始め、個人が特定されるような情報に関しては、従来通り診療担当者のみが把握しており、それ以外の第三者に伝わることは決してありません。

 このデータベース事業は、各種の疾患に対する治療法やその結果を比較するために各学会主導で、全国規模で行われており、患者さんご自身により良い医療を提供するための一助となります。地域医療を担う中核病院であるとともに、臨床研修施設としての教育機関や、臨床研究に参画する学術施設としての当院の役割を果たすのに必須の事業であることをご理解下さい。もしこの登録事業や、当科が関わる臨床研究などに関して、ご自身の検査結果などが利用される可能性に関して異議がある場合や、その内容についてもっと詳しく知りたい場合は、担当医師にお申し出下さい。

医師の紹介

役職 氏名 学会認定医・指導医、その他資格等 専門
波多野 寿
第一脳神経外科部長
波多野 寿 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・臨床研修指導医、日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医 脳神経外科、小児脳神経外科、脳腫瘍
服部 健一
第二脳神経外科部長
服部 健一 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・臨床研修指導医、日本脳神経血管内治療学会専門医 脳神経外科
岡本 剛
脳卒中科副部長
(本務:脳卒中科)
岡本 剛 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・臨床研修指導医、日本脳卒中学会専門医、日本脳神経血管内治療学会指導医・専門医 脳神経外科、脳卒中、脳血管内治療
藤谷 繁
第一脳神経外科副部長
藤谷 繁 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・臨床研修指導医、日本てんかん学会指導医・専門医 脳神経外科、てんかん、機能的脳神経外科
和田 健太郎
医員
和田 健太郎 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医  
木部 祐士
医員
木部 祐士 脳神経外科
伊藤 圭志
医員
伊藤 圭志  
羽生 健人
医員
羽生 健人  
稲尾 意秀
非常勤嘱託医師
稲尾 意秀 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・臨床研修指導医、日本脳卒中学会専門医 脳神経外科、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷

外来担当医表

受付時間:8:20~11:00

21番 波多野 和田 稲尾 (交代) 岡本
服部 波多野 藤谷
木部 (交代)

受付へのご案内