採用情報

看護部

西棟7~9階

小児医療センター

主な診療科

小児科、小児外科、整形外科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、口腔外科

主な疾患

白血病、川崎病、脳腫瘍、ヘルニア、骨折、アデノイド肥大などの15歳未満の小児の疾患すべて

看護の特徴

新生児から思春期の患者さんを対象として、家族参画型の看護を心がけています。長期入院や、医療ケア児の在宅に向けて、多職種と連携しながら看護実践しています。

看護のこだわり

子どもや家族が安心して入院生活を送れるように、多職種と連携して子どもの成長発育に合わせた関わりを持ち、家族としての成長を支援します。子ども達が季節を感じることができるよう、季節行事を行います。

外来化学療法センター

主な診療科

がん化学療法とがん免疫療法を施行する診療科

主な疾患

悪性腫瘍全般

看護の特徴

がん化学療法薬を「安全」「確実」に投与し、がん化学療法を受ける患者を支える看護を提供しています。

看護のこだわり

患者の全体(身体的・心理的・社会的)像を把握し、患者の生活背景をふまえたセルフケア支援ができるよう心がけています。

頭・頚部・泌尿器センター

主な診療科

耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、泌尿器科

主な疾患

咽頭・喉頭腫瘍、歯肉癌、舌癌、膀胱腫瘍、腎腫瘍、腎尿管結石

看護の特徴

クリニカルパスに沿った周術期の看護を実践しています。
退院後も医療処置が必要な患者が多いため、他職種と協働し、在宅に向けた支援を行っています。

看護のこだわり

退院後も医療処置が必要な患者が安心して過ごせるよう、おひとりおひとりに合わせた丁寧な指導を心掛けています。
「目配り」「気配り」「心配り」を大切にし、患者・家族の気持ちに寄り添う看護を提供しています。

整形外科・形成外科

主な診療科

整形外科、形成外科

主な疾患

大腿骨骨折、腰部脊柱管狭窄症、スポーツ外傷、事故による骨折、乳房再建術

看護の特徴

クリティカルパスを活用し、周術期の看護を実施しています。大腿骨地域連携パス活用し、他の病院と連携し、地域で患者を支えることができるよう取り組んでいます。

看護のこだわり

手術・安静・リハビリなどの治療に専念することができるようADLに応じた看護を実践しています。入院時から早期の社会復帰を視野に入れた関わりを心がけています。

心・腎・内分泌センター

主な診療科

循環器内科、腎臓内科、内分泌内科

主な疾患

心筋梗塞、心不全、腎不全 糖尿病

看護の特徴

心臓カテーテル治療や腎不全の透析導入看護。糖尿病などの生活習慣改善に向けた指導を行っています。

看護のこだわり

入院早期より患者、家族に意向に沿った内服管理、筋力低下予防運動が行えるよう支援しています。また急変時に対応できるよう知識・技術の維持に努めています。

呼吸器センター・眼科

主な診療科

呼吸器内科、呼吸器外科、眼科

主な疾患

肺癌、気胸、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患、喘息、白内障

看護の特徴

周手術期の看護と放射線療法・薬物療法・酸素療法の看護で、呼吸器疾患の患者さんは繰り返し入院することが多いです。

看護のこだわり

慢性疾患や悪性疾患の患者さんは、繰り返す入院の中で次第にADLの悪化や終末期に移行します。
その中で患者・家族に寄り添い、安全・安心な看護とチーム医療を大切にしています。