採用情報

看護部

集中治療部・救急部

集中治療室

主な診療科

全科

主な疾患

心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、脳神経外科等の大手術後

看護の特徴

乳児~老年期患者を対象とした術後超急性期及び院内発生の急性期看護をしています。

看護のこだわり

重症患者を24時間体制で医師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士、管理栄養士等と協働し、チーム医療で患者の生命の安全、心身の安楽、生活の再構築を第一に考え質の高い治療・看護を提供しています。

救命救急センターA(ICU)

主な診療科

循環器、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科

主な疾患

急性心筋梗塞、くも膜下出血、大動脈解離

看護の特徴

救急搬送後の状態が不安定な乳児期から老年期患者のケアを行なっています。

看護のこだわり

救急医療を必要とする小児から高齢者の病態に応じ、問題の優先順位を迅速に判断し、的確なフィジカルアセスメントを実践する能力、患者、家族の心理的・社会的側面をアセスメントし看護介入する能力が必要です。
救命救急センターB(HCU)

主な診療科

全科

主な疾患

心不全、脳卒中、肺炎、敗血症、外傷など急性期の重篤な疾患、慢性疾患の急性増悪

看護の特徴

急性期の疾患や外傷と慢性疾患の急性増悪の患者さんなど、幅広い領域に対応しています。

看護のこだわり

緊急入院となった患者さんの症状の安定化と、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、安心した療養生活を送っていただけるように支援しています。

救命救急センターB(初療室)

主な診療科

全科

主な疾患

突然に発症した疾病や外傷、慢性疾患の急性増悪など

看護の特徴

すべての救急搬送依頼に対し、医師、看護師、放射線技師、薬剤師など多職種で連携を取りながらチーム医療を提供しています。

看護のこだわり

危機的状況にある患者さんやご家族に寄り添い、看護師ならではの『こころ』のかかわりを大切にしています。プレホスピタルから受け取った命のバトンを、落とすことなく次につなげて行くことが目標です。