採用情報

採用情報

婦人科専門研修:名古屋第一赤十字病院婦人科専門研修プログラム

プログラムの概要

名古屋第一赤十字病院を基幹施設とし、産婦人科専門医を養成することを目的としたプログラムです。連携施設に伊勢赤十字病院、静岡赤十字病院、高山赤十字病院があります。産婦人科全般および周産期、婦人科腫瘍、生殖医療、内視鏡手術、女性のヘルスケアの専門研修が可能です。豊富な症例の診断・治療を経験することで高度な知識・技能を得ることができます。指導は当院に勤務する産婦人科指導医および専門医が行います。

研修目標

産婦人科一般の診療のみならず専門領域の研修を行い、産婦人科専門医を養成することが目標です。

研修年限

3年

研修環境

  • 当院は852床の急性期地域基幹病院で、MFICUを含む産科病棟および女性センター、化学療法センターからなる婦人科病棟85床で構成されます。がん終末期症例では緩和ケアセンターも利用できます。
  • 産婦人科医師15名のうち、産婦人科指導医7名、同専門医4名が産婦人科診療の指導にあたります。周産期、婦人科腫瘍、生殖医療、内視鏡手術等の各専門分野の診療はそれぞれを専門とする医師が行っています。当直は毎日、産婦人科全体として2名が担当しています。
  • 周産期領域において当院は愛知県で最初の総合周産期母子医療センターに指定され、周産期医療の中心的役割を担ってきました。現在も切迫早産、前期破水、前置胎盤など母体搬送や分娩後出血などの産褥搬送症例が年間300例あり、豊富な症例を経験することができます。また超音波診断による胎児診断にも力を入れています。周産期・新生児専門医・指導医が在籍しており専門的指導が可能です。
  • 婦人科領域の良性疾患に対する診療は、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍などにおける開腹手術、腹腔鏡手術、薬物治療など豊富な症例を経験できます。また、先天性疾患や内分泌異常など貴重な症例の経験を積むことも可能です。
  • 当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、愛知県西部地域から年間約150例の子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど新規婦人科がん症例が紹介されています。これらの症例の手術、化学療法、放射線治療を行っていきます。婦人科腫瘍専門医・指導医が在籍しており、婦人科がん治療の専門的指導が受けられます。
  • 当院は生殖補助医療実施登録施設であり、生殖医療専門医の指導のもと、一般不妊治療から体外受精、顕微授精、受精卵凍結までの経験が可能です。
  • 本プログラムの研修で産婦人科専門医の受験資格を満たすことが可能です。
  • 国内の学会や研究会での若手医師の発表を積極的に推奨しており、上席医が発表および論文作成の指導を行っています。
  • 研修後の進路

    専門医取得後は大学院進学や名古屋大学関連病院で産婦人科臨床を継続できます。また希望があれば婦人科腫瘍専門医などのサブスペシャリティの修練を当院で受けることも可能です。

    身分

    専門研修中は病院規定に準じ常勤嘱託医として採用されます。待遇は正職員にほぼ準じます。