採用情報

採用情報

内科専門研修:名古屋第一赤十字病院内科専門研修プログラム

プログラムの概要

名古屋第一赤十字病院を基幹施設とし、内科専門医を養成することを目的としたプログラムです。連携施設は、名古屋医療センター、中部労災病院、名鉄病院、静岡済生会総合病院、中東遠総合医療センター、名古屋大学医学部附属病院、高山赤十字病院、伊勢赤十字病院、伊達赤十字病院、藤田保健衛生大学病院の10施設です。特別連携施設は、川西赤十字病院、東栄町国民保健東栄病院、西尾市佐久島診療所、新城市民病院の4施設です。
内科系サブスペシャルティーの13分野、消化器、循環器、内分泌、代謝、腎臓、呼吸器、血液、神経、アレルギー、膠原病、感染症、救急、総合内科全ての研修が可能です。
豊富で多様な症例を、多くの内科指導医・専門医の真摯な指導の下で経験できる体制が特徴です。

研修目標

広く内科全般の研修を行い、基本的かつ必須な内科診断、治療能力を身につけた内科専門医の養成が基本目標です。更に、当院は各内科系サブスペシャルティー領域の研修施設に認定されているため、内科系の高次専門医取得につながる研修も並行して行うことができます。

研修環境

1)当院ではごく希少な症例を除き、内科学会で研修目標とする67分野、200症例以外にも内科全領域の疾患を幅広く、経験することができます。豊富な臨床経験をもつ指導医のもとで基礎的な疾患から高度な知識や技術を必要とする疾患まで診断と治療技術を学ぶことができます。造血幹細胞移植推進拠点病院として血液内科では多くの移植を、循環器内科では心臓外科ともタイアップしたインターベンション治療、消化器内科ではESDを始めとする高度な内視鏡技術、拡大内視鏡を用いた内視鏡診断を学ぶことができます。呼吸器内科では肺癌を始めとする化学療法、急性期の呼吸管理、気管支鏡による最先端の診断治療を学べます。腎臓内科では腎疾患のみではなく、数多くの膠原病症例も経験可能です。この他の内科各分野でも最先端の診断、治療技術を経験できます。3次救命救急センターを持ち、内科各分野を始めとする高度な救急医療を経験することができます。災害救護にも豊富な経験を持っています。栄養サポートチーム、院内感染対策チーム、呼吸器モニター管理チーム、緩和ケアチーム等多職種からなるチーム医療にも積極的に参加することができます。

2)プログラムの指導医数は、当院に27名、連携病院群に19名在籍し合計46名で指導します(2016年実績)。当院の総合内科専門医数は23名で、各サブスペシャルティーの専門医も在籍し、より専門的で高度な指導が可能です。
剖検数も当院で12体、群全体で29体あり、基準を十分満たします。
JMECCを当院で年2回開催しています。

3)日本内科学会を始めとする国内の学会や研究会での若手医師の発表を積極的に推奨しており、上席医が発表および論文の指導を行います。

4)このプログラムを修了すると、内科専門医試験の受験資格を満たします。

研修後の進路

専門医取得後は、大学院への進学、もしくは内科系高次診断治療技術取得を目指した臨床研修を当院を始めとする名古屋大学関連病院で継続することが可能です。

身分

専門研修中は,病院規定に準じ常勤嘱託医として採用されます。待遇は正職員にほぼ準じます。

 ローテート例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 基幹施設(ローテート研修:消化器・循環器・呼吸器・神経・血液・内分泌・腎臓・救急・地域)
2年次 基幹施設( Subspecialty研修) 連携施設(内科全般・ Subspecialty)
3年次 基幹施設( Subspecialty研修)、プログラムに対する調整期間